バスボムを作る時のコツ

皆さまこんにちは☆スタッフの井田です。

 

昨日は気温も上がらず曇天の一日でしたが、

本日は寒いながらも気持ちの良い晴天で

気分も明るくなりますね。

冬至までは日の出は遅く、日の入りが早い毎日。

ビタミンDを生成するためにも貴重な日光浴タイム。

またビタミンDは肌細胞を成長させるのだとか。

皆さまも日焼けをしない程度に日光浴してみてくださいね。

 

寒い日が続くとゆっくりと入りたくなるお風呂。

その際に自作のバスボムを使用したりする方はいらっしゃいますか?

バスボムは重曹、クエン酸、粗塩、水、そこにオプションでゴートミルクなどお好きなものも加えて作成する方が多いと思います。

しかし、水を使用すると作ったはしから少しずつシュワシュワするのが気になりませんか?

そこで、水の代わりにオイルを使用して材料をまとめてみて下さい。

発泡しない上に、この季節だと保湿の役割にも。

是非お試しあれ☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です